眼精疲労をスッキリさせたい方にお勧め整体

こんにちは!

名古屋市緑区滝ノ水で、頭・首肩、腰の辛さに特化した「整体院 北風と太陽」の整体師をしております河合と申します。

当店では、頭痛、肩こり、腰痛で来店される方が多いのですが、「眼精疲労もあって・・・なんとかしたい」と言われる方も非常に多いので、「眼精疲労」についてお話させていただきます。

眼精疲労

☑眼がごろごろする、かすむ、見えずらい
☑充血する
☑眼の奥がずきずきする
☑頭痛、肩こり
☑光がまぶしい、

このような辛さ心当たりはないでしょうか^ ^

いわゆる眼精疲労で感じやすい辛さです。

一時的なものであれば、しっかり休めたり睡眠を十分に取ることで解消されます。

眼精疲労が考えられる主な原因

眼精疲労が考えられる主な原因

原因としては、眼の使い過ぎと眼の病気の場合がありますが、最近では首や肩こり、肩甲骨の硬さなどからきてる場合もあるようです。

眼の使い過ぎとしては、主に次のようなケースがあります。

☑デスクワークなどでのパソコンやスマホの長時間の使用
☑睡眠不足、ストレス
☑長時間の読書や編み物など
☑度が合っていない眼鏡やコンタクトの使用

適切な眼鏡やコンタクトを使用しないと眼精疲労が出やすくなりますし、緑内障の自覚症状の一つに眼精疲労が挙げられます。

また、当店に来られるお客様の目の疲れ・眼精疲労は、問題は目のだったという方のほうが少ないです。

眼精疲労対策

長年の姿勢の悪さや、体の使い方の癖などから首や肩、背中の筋肉が慢性的に緊張してしまい、結果、目が疲れたり奥の方の辛さに繋がっていることも非常に多いパターンです。

中には猫背やストレートネックもあり、吐き気・頭痛・めまいなどを伴っている方も多くおられます。

目と首・肩・背中ってあまり関係ないような気がしますよね。

でもこういった所もスッキリさせていくことも、眼精疲労を根本的に変えていくためには非常に大切なことになります。

眼精疲労対策

原因となる生活習慣を変える

長時間のパソコンやスマホなど悪習慣が原因の場合には、その原因を変えないといつまでも結果は変わりません。

仕事などでどうしても長時間パソコンに向かわざるを得ない場合は、次のような対策をとりましょう。

☑こまめに休憩を取る
☑たまに遠くを見たり、目をつぶって目を休ませる
☑疲れたら軽いストレッチを入れる
☑ディスプレイに近づきすぎないよう位置、姿勢を調節する
☑周囲が暗いとより眼に刺激になるため周囲をあまり暗くしない、またディスプレイに光が反射しないようにフィルムを貼る
☑顔や首肩や眼に、エアコンの風が当たらないようにする

休み時間や寝る直前にスマホに熱中しない

眼の疲れは、長時間近くのものを見続けることで目のピントを調節をしてくれる筋肉が緊張してしまうことにあります。

休憩中はスマホを置いて眼をつぶり目の緊張を緩める、夜には蒸しタオルで眼を温め血流を良くするなどが効果的と言われています。

寝る前に横になった状態でスマホをいじっていると、睡眠の質が悪くなるだけではなく、片眼だけで見ていることもあり、より大きな負担がかかり目は更に疲れやすくなります。

病気が隠れていないか確認を

目そのものの病気(ドライアイ、白内障、緑内障、メガネが合っていないなど)については整体では対応出来ませんので専門医に相談して下さいm(_ _)m

良い状態を維持するには必ず日常でのケアが必要になります。

病院で異常なし!でも「眼精疲労が・・・」という方!

整体院 北風と太陽では、来店されたお客様に最終的にはご自分のお体のケアはご自分で完結していけるようになっていただくのを目標にしておりますので、その都度お体の状態にあったセルフケアをお伝えしております。

なかなか改善しない眼精疲労にお困りの方は是非一度、整体院 北風と太陽☀️をお試しくださいね!^ ^
いつでもお待ちしております^ ^

整体院 北風と太陽をご利用いただいた喜びの声

喜びの声
喜びの声
喜びの声
喜びの声
喜びの声
整体院の紹介
インスタにお客様のリアルな声を掲載中!
LINE24時間予約受付
不調や痛みに強い整体
メンテナンス整体として

メディア掲載

全国雑誌「健康」に掲載されました

健康情報雑誌「健康」で、『口コミ広がるスゴ腕院長10人』として紹介していただきました!

メディア紹介

健康情報雑誌「からだにいいこと7月号」で、『美と健康を叶える凄腕サロン』として紹介されています!

雑誌で紹介されました

人気女性誌「婦人公論 9月号」で、「特選百科」で紹介されています。

インスタグラム
LINE24時間予約受付

関連記事

  1. 肩こり頭痛改善
  2. その不調は【肩こり】が原因かも!?
  3. 頭痛整体について
  4. 肩こり、首こりでお悩みの方へ
  5. 腰痛でお悩みの方へ
  6. 肩甲骨はがし
PAGE TOP